コラム

インフルエンザの季節がやってきました

時折見せる日差しの強さがのこるものの、すこし肌寒くなってきた今日この頃ですが、 例年10月末あたりからインフルエンザが流行してきます。 国の機関である国立感染症研究所ではインフルエンザ流行レベルマップを示しており、 だいたい流行しだす10月末あたりからアップされます。 インフ...

脱水の観察点

この暑い時期に特に気になるのが熱中症だと思います。 熱中症は、 体温が上昇する→汗が出る→体の水分が減る(脱水状態)→汗が出なくなる→熱中症 というメカニズムがあるため、 脱水状態にあるかどうかを観察する必要があります。 日本気象協会が推進している熱中症の症状として、 1...

病院の選び方(1)

子どもが病気になったとき、病院選びも困りますよね。 病院形態(病院?クリニック?)、診療科(小児科?耳鼻咽喉科?)など、 それぞれの特徴から、いく場所を選ぶ必要があります。 今回は病院形態についての記事を記載します。 病院とクリニックの違いは病床数(20以上入院できるかどうか)だけ ...

赤ちゃんが泣き止まないとき・・・

「赤ちゃんが泣きやまない…オムツも換えたし、ミルクもあげた。もう1時間くらい抱っこしている。なにが起こってるの?!」 という経験ありませんか? 赤ちゃんには、どんな子でも泣いちゃう時期があるんです。 そのことを象徴するように、『パープル・クライング(PURPLE Crying)』という言葉...

乳児(特に新生児)の異常な呼吸の種類

子どもが何かの感染症にかかった時、 大人に比べてごくわずかな鼻水や痰(たん)でも息がしにくくなってしまいます。 でもその「息苦しさ」を教えてくれないので、 寝てるだけなのか、ぐったりしているのかが分かりにくいのが子どもの症状観察の難しいところです。 咳(せき)がでるときの対処方法...

子どもの紫外線対策について

最近は季節感がなく、急に暑くなったり寒くなる感じがしますね。 異様な気候が続きますが、今回は紫外線について掲載します。 紫外線は1年のうち4月から9月にかけて強くなります。 その紫外線が皮膚に当たることでさまざまな影響を及ぼすと言われています。 2015年に出された日本小児皮...

子どもはお母さんからの免疫があるから病気にかからない??

子どもが病気になって小児科に受診に来る保護者さんの中には、 「子どもは親から免疫を受け取ってるから6ヶ月までは病気にかからないって聞いたことがあるのに」 「母乳にはお母さんの免疫がたっぷり含まれてるからがんばって飲ませてたのに」 と、言われることがあります。 どの意見も正しいは正...

経口補水液のレシピ

子どもに下痢(げり)や吐き気といった症状が出てきた場合、 気になるのは脱水状態にあるかどうかです。 この脱水状態にある際に、多くの病院で推奨されているのが経口補水液です。 経口補水液とは、体に吸収されやすいように塩分と糖分をバランス良く配合した飲み物で、 点滴ができないような発展途上国で...

お役立ちコラムを始めます

このサイトでは、子どもが病気になったときのホームケアについての基本的な内容は各ページに掲載していますが、追加情報やお役立ち情報を随時コラムとして発信していきます。...